優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
子猫をお探しの方はこちら 癒しの子猫ブリーダー・キャッテリー
ペットの死亡にも対応できる保険「ブリーダーあんしん保険」 保険取扱代理店ペットライフエイド
愛するペットとの暮らしをサポート!オリジナル生活雑貨販売サイト 癒やしのナチュラルストア
飼い方・性格・歴史大辞典 癒しの犬大百科

犬種から探す

毛色から探す

管理室

子犬を迎える前の心構え・注意点

犬を飼うということは、犬を家族として迎えることです。 これからの十数年間を一緒に暮らしていくということになります。 犬の寿命は年々伸びています。平均寿命は15年以上生きる犬がもはや普通になりつつあります。どのような理由があるにせよ、途中で飼えなくなったからやめるということはできないのです。

犬サンプル

犬には適切な運動が必要なため、散歩は毎日行う必要があります。体力のある大型犬に至っては昼夜それぞれ1時間も必要です。時にははしゃぎすぎて目を離した隙に壁や家具を傷つけてしまうかもしれません。生き物ですから病気にかかることもあるでしょう。そのようなことがあっても飼育を放棄せず、真摯に犬と向き合っていく覚悟がなければ飼う資格はありません。

愛情を十分に注いであげられるかということも大切です、それも最期の時までずっと愛情を注いでいくことができるでしょうか。もしあなたに「流行っているから飼ってみたい」などという安易な気持ちがあるならば、継続して愛情を注ぎ続けることは難しいかも知れません。

安易な気持ちで飼育するのはやめましょう。もし犬と触れ合いたいならば、犬を飼育せずとも触れあうことができる場所はあります。既に犬を飼っている知り合いがいれば犬を飼って良かったことだけでなくデメリットも聞いてみて、自分に照らし合わせて考えてみてもいいかもしれません。一歩離れた視点をもち、命に責任をもてるか考えたうえで飼育しましょう。

でも、これらを確認して,それでも尚、犬との生活を始められるという方は、私たちはサポート応援します。 なんでもマイナス思考では進めませんから。 犬との生活で癒しを与えてもらいながら、自身も犬に愛情を与えてあげてください。 子犬を迎えたその家族が、癒しとやすらぎに包まれた幸せな時間を過ごせるようになる事が私たちの願いです。

販売中の子犬を見る