優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
子猫をお探しの方はこちら 癒しの子猫ブリーダー・キャッテリー
ペットの死亡にも対応できる保険「ブリーダーあんしん保険」 保険取扱代理店ペットライフエイド
愛するペットとの暮らしをサポート!オリジナル生活雑貨販売サイト 癒やしのナチュラルストア
飼い方・性格・歴史大辞典 癒しの犬大百科

犬種から探す

毛色から探す

管理室

子犬を迎える前の準備と飼育グッズ

子犬を家に迎えるにあたって、子犬が快適に暮らせる環境が整っていることが前提となります。ただでさえ環境の変化でストレスを抱えていることでしょうから、以下に挙げるものはきちんと準備をしておきましょう。

子犬用のドッグフード

幼い子犬は急激に環境が変わることによって、疲れて下痢をすることもあります。環境の変化は住居の変化でもありますが、エサの変化でもあります。そのため、最初はそれまで食べていたものを与えて、少しずつ新しいものを混ぜて慣れさせていきましょう。 購入したブリーダーにエサを分けていただくことをお勧めします。(要費用相談)

専用の食器

フード用の食器と水用の食器を2つ準備しましょう。複数の子犬を迎える場合には、複数の食器が必要となります。

トイレ用品

おしっこを吸い取るペットシートとそのトレイを用意します。遊んでシーツを破いたり、ポリマーを誤飲してしまわないよう、表面に網のついたトレイがいいでしょう。成長するに従い、散歩中にしか排泄をしなくなってしまう場合があるので、トイレでの排泄も必ず練習させましょう。

ベッド

犬用のベッドの他に、ケージやクレートも活用できます。丸まって眠るときにすっぽりと収まるような体の大きさにあったもので、ノミやダニを防ぐため丸洗いできるものを選ぶとよいでしょう。自分の匂いのついた毛布を置いてあげることでリラックスします。

サークル、ケージ

子犬は好奇心旺盛で、家中を歩き回り、入ってはいけない場所にも構わず入っていきます。その傾向が強い場合にはサークルやケージを使って行動範囲を制限する必要があるかもしれません。

おもちゃ

子犬用のおもちゃは準備しておきましょう。犬はおもちゃで遊ぶことを好みますし、犬と遊ぶ時間を多くとってあげることで、犬との愛情も深まるはずです。あらかじめおもちゃを準備することで、犬を誤飲などの危険からも防ぐことができます。

キャリーバッグ

通院や外出時にキャリーバッグが必要になります。小型犬ならば同じものを使い続けることもできますが、子犬の成長や交通手段に合わせてペットカートやクレートなどに変えていく必要があります。

グルーミング用品

長毛種の犬を飼う場合に言えることですが、換毛期になると毛がたくさん抜け、これを放っておくと毛玉になってしまいます。また、短毛種でもブラッシングは大切ですし、犬とのスキンシップも図れます。そのためブラシなどのお手入れ道具は揃えておくようにしましょう。ブラシのほかにも犬用シャンプー、犬用爪切りなども用意しておきましょう。

首輪、リード

首輪はリードを繋ぐ目的以外にも、迷子になった際の身分証明の役割も持ちます。首輪は、きつすぎても緩すぎてもいけません。首輪をつける際は指2本分を目安に余裕を持たせましょう。サイズの他にも様々な素材があるため、犬種や用途や耐久性を考慮して適切なものを選ぶとよいでしょう。 リードは、引っ張り癖のある子犬にはショートリードを、躾けられて散歩にも慣れた子犬にはスタンダードリードを選びましょう。コントロールの効きづらいロングリードや伸び縮みするタイプのリードは道路で使用してはいけません。首輪では負荷がかかりやすい超小型犬などの犬種によっては、ハーネスを検討しましょう。

犬サンプル 販売中の子犬を見る