優良ブリーダー無料会員登録はコチラ
子猫をお探しの方はこちら 癒しの子猫ブリーダー・キャッテリー
ペットの死亡にも対応できる保険「ブリーダーあんしん保険」 保険取扱代理店ペットライフエイド
愛するペットとの暮らしをサポート!オリジナル生活雑貨販売サイト 癒やしのナチュラルストア
飼い方・性格・歴史大辞典 癒しの犬大百科

犬種から探す

毛色から探す

管理室

ワクチン接種で予防できること

お外に遊びに行ったり、ドッグランで他の犬と触れ合ったり。外遊びが大好きな犬は、感染症ウイルスとの接触機会も増えます。風邪のような軽いものから、重篤になると死に至る可能性がある感染症まで、犬の感染症は様々です。犬の感染症の種類やワクチンの種類、費用についてご説明します。

  • 狂犬病の予防接種(必須)
  • 犬ジステンパー 感染した犬の目ヤニ、鼻水、唾液、排泄物との接触やくしゃみなどの飛沫物によって感染します。初期症状は目ヤニ、鼻水、発熱、食欲の低下などで、重篤化すると麻痺や痙攣などの症状が出ます。 ニホンオオカミの絶滅原因となった疾患として有名で、犬の致死率は50~90%と高く、発症すると有効な治療法はありません。完治しても、神経症状などの後遺症が出ることがあります。 犬伝染性肝炎
  • 犬アデノウイルスI型の感染によっておこる伝染病で、感染した犬の鼻水や唾液、排泄物に接触することで感染します。嘔吐や発熱、下痢、腹痛などの症状が表れます。 軽症の場合は鼻水が出る程度ですが、重篤化すると肝臓の機能不全や低血糖に由来する神経症状が起こることもあります。 また回復しても半年以上尿中にウイルスを排出すると言われており、注意が必要です。 犬アデノウイルス(II型)感染症
  • 「犬伝染性喉頭気管炎」とも言われ、咳やくしゃみなど風邪に似た症状が出ます。I型(犬伝染性肝炎)よりも症状が軽く致死率も低いとされていますが、他のウイルスや細菌との複合感染により重篤化する場合もあります。 犬パルボウイルス感染症
  • 感染した犬の便や嘔吐物に接触して感染します。激しい下痢や嘔吐、発熱、脱水症状などが表れ、重症になると血便が出ることもあります。また下痢や脱水の悪化によりショック症状を起こして死に至ることもあり、特に子犬の致死率が高くなっています。 また妊娠中のメス犬が感染すると、流産や死産の原因になります。
販売中の子犬を見る